エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

【映画化】澤村伊智《ぼぎわんが、来る》の原作感想

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

 

 こんにちは、主かです。

 今回は、先日読んだ澤村伊智さんの小説《ぼぎわんが、来る》の感想記事になっています。ちなみにホラー小説。

 こちらの小説は第22回日本ホラー小説大賞大賞受賞作です。

 さらに審査員は綾辻行人さん 貴志祐介さん 宮部みゆきさん。もはや文学界の大御所しかいない。

 「ほえ〜、その人らに選ばれるんがそんなにすごいんか??」といまいちピンと来ない方に他の例え方をすると、明石家さんまさんとくりぃむしちゅーさんとダウンタウンさんが審査員した結果、一番面白い芸人さんを決めた感じですね。(語彙力)

 

 そんな、『ぼぎわんが、来る』一体どんな小説なのか・・・?

 

 

あらすじ

 “あれ”が来たら、絶対に答えたり、入れたりしてはいかん―。

 幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。それ以降、秀樹の周囲で起こる部下の原因不明の怪我や不気味な電話などの怪異。一連の事象は亡き祖父が恐れた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか。愛する家族を守るため、秀樹は比嘉真琴という女性霊能者を頼るが…。

 

 

※以下、物語の流れのネタバレあり。

感想

 『訪問者』『所有者』『部外者』の三部からなる本作。 各々で主人公が変わっていきます。

 とにかく面白かったのは、『訪問者』『所有者』の一連の流れ。

 『訪問者』では田原秀樹、『所有者』ではその妻の田原香奈の目線でストーリーが語られます。

  「視点が違うだけで他人の印象ってこうも変わるのか・・・」ととにかくドキドキの展開に目が離せませんでした。幽霊や化け物の怖さっていうより、人間の怖さが垣間見れます。

 『訪問者』で感じた印象が全て『所有者』でひっくりかえっていく様子は本当に鳥肌もの。

 序盤の展開はかなり怖い。書き方も怖いし、とりあえず怖い。

 めちゃくちゃ楽しんで読むことができました。

 

 

 

 全体の流れはこんな感じ、

ホラー展開

ミステリ展開

突然のバトル展開!!!?? 

 

 

 これだけは言いたい・・・最後のバトル展開だけは納得できなかった感がある・・・。ラノベ読んでるんか?」って思った(正直)

 私がホラーを読みなれていないからそう感じたのかな??ホラーにバトルは必須なんかな???(錯乱)

 「ゆ、幽霊とバトル???」って若干思考がついていかれなかった・・・。

 

 

 ちなみにオチはかなり秀逸。ゾッとする。

 個人的には最後の最後まで楽しませてくれる小説で、面白かったです!!(バトルシーンだけが謎)

 

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

 

 

 

まとめる 

 2018年12月に『来る』というタイトルで映画化も予定されている本作。

 なんとなんと、中島哲也監督!!『告白』『渇き。』でおなじみの中島哲也監督!!絶対面白く仕上げてくれるに決まってる!

 ちなみに『田原秀樹』役は私の大好きな妻夫木聡さん。そして大好きな小松菜奈さん、松たか子さんも主演を務めます。

 

 ちょっと気になった人は、『来る』のロングトレーラーがとりあえずマジでしびれるので見てみてくださいね。youtubeにあるよ!)『告白』と『渇き。』好きな人は絶対好き。中島哲也感すごい。

 

 それでは!