エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

【映画】「カメラを止めるな!」を見たからレビューするよ

 こんにちは、主かです。

 映画鑑賞はわりと好きな主か、この間久々に映画館で映画を見てきました(いつもはレンタル)。

 なんの作品を見てきたと思いますか?(突然の質問)

 

 

 じつは、なんとなんと・・・

 

 なんと・・・

 

 あの今話題の映画、

f:id:flatk:20181004174221j:plain

カメラを止めるな!

 

 を見てきました!!!!!!

 

・・・あれ?ちょっと反応薄くない?

えっ!?いまさら!??そ、そんな、そんなことない・・・はず・・・(不安)

 

 今話題かどうかはさておき、今回は映画・「カメラを止めるな!」 の感想記事になっています。ネタバレなし感想と、ありの感想を少しずつ書くので、まだ見ていない方もぜひどうぞ。

それでは早速いきましょう!

 「カメラを止めるな!」ってどんな映画?

 「カメラを止めるな!」を私が知ったきっかけは超単純。以前テレビで『都内2カ所の上映から一気に全国へ!』という見出しで本作が紹介されており、「これは気になる!」と思い、ネットで検索。予告動画をチェックしました。

 

 その予告編が最高に意味不明だった。(個人的な感想)

 

 主か「えっ、『カメラを止めるな』がタイトルじゃないん。『one cut・・・なんちゃら』って何やねん??何????どういうこと??」

 

 最高に大混乱していました。この予告見て混乱したの絶対私だけじゃないやろ・・・。

 

 主か「わけわからんけどとにかくカットなしのゾンビ物なんかな??面白そう!行ってみよ!!(単純)

 

 意外と(?)ゾンビ物だったりホラー物は楽しく観れるタイプなので、わけ分からんけど、せっかくだから行ってみよ〜〜と決心。 

  結論から言うと、この『わけ分からん』っていう状態で見に行ったのがめちゃくちゃ良かった。むしろ『わけわかった』状態で行くより絶対楽しめたと思います!

 予告を見て「どういうこと?わけ分からんわ」と思った人にこそぜひ見に行って欲しい!「カメラを止めるな!」はそんな作品でした。

 

感想

(以下、ネタバレなし)

 予告にもあったように、37分のワンカットが続きます。要するにカメラが動きまわるは転がるわ!!!もうね!!画面酔いが酷かった!!!

 映画を見て気持ち悪くなったのは久々です。三半規管の弱い私は最初の37分ワンカットで死にかけでした。映像酔いする人は本当に気をつけてから行ってほしい。酔い止め飲んで行ってもいいレベルやであれは・・・。(ゾンビよりも画面酔いが怖かったという謎の結末)

 割とマジで「なんでこの映画見てるんや私は・・・。黙ってプーさんみれば良かった・・・(悟り)」と冷や汗ダラダラかいてました・・・。あと5分ワンカットが長かったら離席してた。

 

 ただね!それを覆す、後半!!もう何を言ってもネタバレになる気がするから何も言えないんですけど、「なるほど!」っていうか「そう来たか!」っていうか、「あっ、予告ってそういう意味だったのね!!」っていう謎の納得!(笑)

 一言で言うならとっても面白かった!

  やっぱり、予告を見て意味がわからなかった分、映画を見てその辻褄が合った瞬間、「これは見てよかった・・・」と心の底から思いました。たくさん笑わせてもらったし、周りの方も所々でクスクス笑っていて、ほんわかした空気で映画館を後にできました。ゾンビ物なのに(?)後味も悪くない!!おすすめです。

 

 次見るなら画面酔いせずに見てみたい!ていうか、もう一回見たい!そんな映画でした。

 

 

(以下、ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 「映画作りの裏側」をちょっとだけ垣間見れたようなそんな作品でした。(全部が全部あんな裏側ではないと思うけど笑)「映画作りの裏側」を描いた作品はそんなに多くないのかなぁ。少なくとも私が見たの中では今回が初めてでした。「映画の裏側」を描けることができるのは映画を作る人だし、なるほど。こういう「映画」の描き方もあるのだなあと思い、とっても面白かったです。

 みんなめちゃくちゃキャラが濃くて、『悪い人がいない』っていうのが個人的にとてもよかった。「よろしくで〜す」が口癖の主役役(でいいのかな笑)の女性もなんだか憎めない(笑)最後のシーンも予算を何千万とかけた作品よりかは随分チープかもしれないけど私は好き。ほっこりしたな。

 『「B級ホラー映画」・・・と見せかけて?』そんなキャッチコピーがなんとなく似合いそうだな〜と勝手に考えたり。楽しい90分でした。地上波か円盤が出たらまた見直したいな。

 

 

 

 

 それでは!!

 ぜひ皆さんも劇場に足を運んでみては?