エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

【大人が泣ける】オススメ絵本5選

絵本だからこそ泣ける 

f:id:flatk:20180930134442j:plain

 こんにちは、絵本大好き主かです!!

 みなさん絵本読んでますか?

「え〜〜〜絵本なんて幼稚園とか小学生が読むものでしょう?」

 

 否!!!!!!

 

 声を大にして否定したい。絵本は面白い!!!大人こそ絵本を読むべきだと思うんです!!!

 わかりやすく短く書かれた文章の中に、子供のうちに学んでおきたい道徳や食育要素が全てつまった、それが絵本・・・。大人こそ読めば何かをハッと思い出す・・・、それが絵本・・・。

 今回はそんな私の大人にこそオススメしたい泣ける絵本を5冊紹介したいと思います。もちろん子供の読み聞かせにも最適!

 ハンカチの用意は良いですか?それではどうぞ!

 

  

あなたをずっとずっとあいしてる

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)

 

(あらすじ)心優しいマイアサウラのお母さんが拾った卵から生まれてきたのは、ティラノサウルスの子供。マイアサウラを食べるティラノサウルスの子供だったのです。それでもマイアサウラのお母さんは・・・。

 

 ほろりと泣ける名作絵本ですね。「おまえうまそうだな」が有名なこのシリーズは知っている方も多いのではないでしょうか。私も大好きな絵本です。

 「血の繋がらない親子の愛」について考えさせられます。

 

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)

 

 

いわしくん

いわしくん

 菅原たくやさんの食育絵本。1ページ1行程で内容が多くないので、今回あらすじは割愛しますが、大人なら1分足らずで読める簡単な絵本です。

 

 最後のシーンで、きっと食の大切さやその本質にハッとさせられるはず。

 先ほども書きましたが文量が少ないので、3歳くらいからでも読み聞かせできそうな作品です。

 

いわしくん

いわしくん

 

 

ないた あかおに

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)

 

(あらすじ)

 とある山に人間と仲良くなりたい赤鬼がいた。家の前に「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます」という立て札を立てたが、人間は誰一人集まる事なく・・・。

 

 こちらも有名な浜田さんの絵本。一度は聞いた事があるタイトルなのではないでしょうか。

 最後のシーンで考えさせられる、「本当の友達とは何か」というテーマ。大人も子供も考えさせられる絵本です。

 これまた泣けるのなんの。ぜひ一度、読んでみてください。 

 

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)

 

 

ずーっとずっとだいすきだよ

 

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

 

 絶対泣ける名作絵本!!! 

  小学校の国語の教科書にも載っている有名な作品。

 犬のエルフィーと飼い主の男の子のお話。

 犬好きさんや犬を飼っている方は涙なしには読めない作品です。

 

 「死ぬこと」「生きている間に思いを伝えることの大切さ」について考えさせられます。 

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

 

  

おおきな木

おおきな木

 

 絶対にハンカチ用意して読んでほしい。

 おすすめ絵本の中でも特に私が泣きに泣いて泣いた一冊。図書館で泣いた。

 与え続ける木と、それを受け取り続ける男の子のお話です。

 

 

 実を言うと、私は翻訳していない原文ママ『The Giving Tree』が一番好

きで、一番泣きました。初めて読むよって人は、ぜひともこっちの英語版を読んでもらいたい。

 村上春樹さん(本田錦一郎さんが訳したものもあります)の翻訳もとってもいいのですが、やっぱり英語版が一番自分なりの解釈で読み進められるのでオススメです。(翻訳版より文量も少ない)英語も難しくなく、簡単でやさしい文法や単語ばかりなので、英語が苦手な方も読みやすいと思います。もちろん一度日本語版を読んだ方にもおすすめ。

The Giving Tree (Rise and Shine)

 

The Giving Tree (Rise and Shine)

The Giving Tree (Rise and Shine)

 

 

 

 以上で個人的泣ける絵本、5つ選んでみました!!

 小説よりも手軽に本を読みたい時、是非、泣ける絵本、どうですか?

 

 それでは!