エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

同人イベントが教えてくれた『稼ぐこと』の難しさ

 こんばんは。主かです。

 

 今までにネバネバしつこく言ってきましたが(笑)、私の趣味の一つは『絵を描くこと』です。高校から大学の頭にかけて、地方同人イベントに頻繁にサークル参加もしていました。原画やポストカード、缶バッチの販売なんかを行っていました。

 

 そんなサークル参加の中で、やはり学んだことはたくさんあります。学校や家庭では教えてくれなかったこともたくさん学びました。『百聞は一見に如かず』ということわざがまさにしっくりきます。(若干ニュアンス違うけど許してね)

 

 今回はそんなサークル参加の中で、私が最も勉強になった『稼ぐこと』の難しさについてお話ししようと思います。

 高校時代の『稼ぐ』の意識

  私の高校はいわゆる地域の中では進学校でして、バイトは基本的に禁止されていました。

 もちろん私も高校時代にバイト経験はありません。高校では親からお小遣いをもらって、その範囲内で、漫画だったりお菓子だったり好きなものを買っていました。

 そんなわけで、私の『稼ぐ』に対する意識は、バイトが可能だった高校の生徒に比べると低かったと思います。

 『お金は大事』という漠然とした知識(?)はあるのですが、具体的にそれがどういうものか分かっていない・・・というか。何時間働いた対価はどのくらいなのか、というのを知りませんでした。

 『両親が汗水垂らして稼いだお金』というのはわかるのですが、いやでもそれがどれくらいキツいのかなんて体験してないからわからんし・・・、高校時代の私はそんな感覚かなぁ。

 

f:id:flatk:20180518230249j:plain

 

 そんな高校時代、地方同人イベントで一般参加(要するにお客さんとして参加)した際に仲良くなった友達の影響もあって、『おっしゃ!!絵描くの好きだし、ポストカードとか作って販売してみよう!』と決心します。毎回なぜか行動力だけはある。

 

 お金に対する執着はその頃はほとんど無くて(ていうかそんなにお金には困ってなくて)、『めちゃくちゃお金欲しい!』とか『金欠だからイベントで稼ごう!』とかは思っていなかったです。腕試し的な気持ちでの参加でした。

 とはいうものの、やっぱり利益としてプラスは出したかったですね!やるからには!!

 

 そんな気持ちで始めて参加した同人イベント!!どうなる・・・!?

 

 同人イベントに参加して学ぶ『稼ぐこと』

 初めて自分の力で稼いだ100円はそれはもう、とてつもなくとてつもなく価値のあるものに思えました。

 初めて売れたのは100円のポストカードで、「いやたかが100円じゃん」と思われるかもしれませんが、「自分でイラストを描いて、それをPCに取り込み、編集をし、印刷をした」ポストカード。100円だけどそれは立派に『私が稼いだこと』になって、100円を受け取った時は『あ、これが稼ぐということか』と無性にピンときたような気がします。

 自分がやったこと・作ったものに対して対価が支払われる・・・同人イベントでも一般の仕事でもバイトでもそれは同じです。

 

 また、その『難しさ』や『大変さ』を初めて知ったのも、同人イベントでした。用意には何週間もかかって、死に物狂いで制作して(闇)、印刷代や備品代もバカにならないけど、頑張った分だけ比例して売れるとは限らない・・・。『稼ぐこと』というのがいかに難しいか、が身にしみてわかった気がします。

 

 そんな経験は私の中でものすごく役に立ったという自信があります。絶対に経験してきてよかった!!と胸を張って言えます(笑)

 

 正直私は『稼ぐこと』を身にしみて実感できて、学ぶことが多かったのは大学に入って経験したアルバイトよりも高校時代に経験したイベント参加でした。

 

 大学時代のバイトの給料は口座への振込形式だったので、『稼いだ』という実感が正直薄かったんですね・・・。あとはやっぱりどうしても『雇われている身』だったので、受け身になりがちでした・・・。

 

 同人イベントはその場でのお金のやり取りなので、お金をうけとった時、商品を渡す際に、よりハッキリと『お金を稼ぐ』ということを意識することができます。

 あとは『自分が主体で動かなければどうにもならない』ので、「どのようにしたら自分の作品に興味を持ってもらえるか」「価格設定はどうするか」「自分が消費者の立場だったら自分の商品を買うだろうか?」等々・・・様々な場面で頭を使いながら、考え、学び、実践していけたのは、大変ではありましたが、すご〜〜く濃い経験だったなと思います。

 

 社会に出るまでに、どんな形であれ(バイトとかイベント参加とか)『お金を稼ぐ』ということに触れておくのはとっても大事なことだと思います。

 『何かの対価として支払われるものがお金』という漠然とした知識はもちろんあるとは思いますが、それを自分の中でしっかり消化して、実感しておくと、社会に出て何かしらの糧になると思います。 

  ・・・と、堅苦しく書きましたが、私もまだまだ半人前です(笑)

 

 

  今回は『稼ぐこと』について、同人イベントのサークル参加のことを思い出しながら書いてみました!やっぱり『稼ぐ』のは難しいし大変!!

 

地方同人イベントに関する過去記事はこちら↓

 

 それでは!