エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

Twitterをやめた私がInstagramを始めた理由

Twitterが合わないんじゃーーーーー!!!!

f:id:flatk:20180309171010j:plain 

 こんにちは。主かです。

 昔、このような記事を投稿しました。

 

flatk.hatenablog.com

 

 これを読んでいただければわかると思うんですが、私、昔Twitterをやめた過去があるんですよね・・・。

 「リア垢」じゃなくてイラストの「趣味垢」をやめました。

 理由を簡潔に書くならば、「評価に晒されすぎた挙句、いいねのためにイラストを描いている気がして、さらに他人と比較しまくった結果、自分の絵が嫌いになり、さらに元々対人関係を築くのが下手なくせに、ネットの世界で一人ぼっちと思われたくないからTwitter上の友達と仲良くなろうと必死になっていたが、結局疲れた」からです(長い)

 

 そんなTwitterの「趣味垢」をやめた私ですが、やっぱりせっかくイラストを描くなら、誰かに見てもらえないと寂しいじゃないですか!!!!(自己顕示欲の塊)

 文明の利器、SNSを使わなければ勿体ない・・・。

 せっかくこの時代に生まれたんだもの・・・。

 

どのようなSNSが私に合うのか

  私にTwitterが合わなかった大きな理由は「他人とすぐ比較できる」「コミュニケーションがメイン」というところにありました。

 要するに上記の反対。「他人と比較しなくてもいい」「コミュニケーションがメインではない」をクリアしたツールなら、私でも楽しいSNSライフを送れるのでは!!?と考えました。

 

他人と比較しなくてもいいSNSには何がある・・・?

 いやそんなSNSないだろ・・・。

  でも、少しでも!!リツイートとかで回ってきたものを見て、半ば強制的に他人と自分を比較させられるのが嫌なんですよ!!

 自分で取捨選択して情報を見たいんです。「私ってなんて絵が下手なんだ・・・」と凹んだ時にリツイート滅茶苦茶絵が上手い年下絵師とか見せつけられたらそりゃさすがに凹みますよ・・・。

 

コミュニケーションがメインではないSNSには何がある・・・?

 「空リプ」だったり、「リプ」だったり・・・。Twitterはコミュニケーションを手軽に取れる良いツールだと思います。

 だからこそ私はそれに悩み、「コミュニケーションしなきゃ!!会話しないとぼっちだと思われる!」と考え、一人で悩み苦しんだわけなのですが・・・。

 

 コミュニケーションが主ではないSNSといえば・・・

 Instagram・・・?

 ブログ・・・??

 

私がInstagramを選んだ理由 

 最後まで悶々とイラストブログを設立するか、Instagramを始めるかで悩んだ私ですが、最終的な決め手は、どちらの方がより多くの人に見てもらえるかでした。

 簡単に言いますと、当時Instagramが結構流行していて、「えい!!その波に乗ろう!」って感じでした(笑)

 Instagramは基本的に写真を投稿して、それにいいねとコメントがつくだけ。

 私が一番苦手としていた、「おはよう」のツイートに「おはよー」と返したり、「今日だるかった」のツイートに「お疲れさま」と返信したりしなくていいんです。

 

 また、InstagramTwitterよりも情報量が圧倒的に少ないです。

 InstagramではTwitterに比べて一人の投稿数が圧倒的に少ないので、時間を空けても割とTLが追えますが、Twitterはそうはいきません。

 その情報量の多さが、私にはキツく感じていたので(ぼっちと思われたくなかったので、全部のツイートを確認して、いいねをしたり、コメントしたりして、仲良しアピールをしていた・・・)これはありがたいことでした。

 

 そんなわけで、私はTwitterからInstagramにチェンジしました。

 

 

 

  でもね・・・私はTwitterをやめて思いましたよ・・・。

 そもそもぼっちでええやん。

 誰にそこまで気をつかっとんのやろ。

 ネットのぼっちの何があかんねん。

っていうか評価ってそんな大事か?? 

  と・・・。

 

 めっちゃ本末転倒やがな・・・。

 そもそも周りからの評価を気にしなければ、Twitterも楽しくできていたんですよ。

 私の場合はイラストという多少なりとも自信があるジャンルだったので、余計に評価が気になりました。

 そして、「絵もバリバリ描いてTwitterにも友達がいる」そういう素敵な(?)自分を演じたくて、その結果無理が生じてしまいました。

 

 これがもしも、何の自信もないジャンルでTwitterを運営していたら違ったんだろうな、ってたまに思います。評価なんて気にならないし、友達がいるアピールなんてしなくても大丈夫。だって良くも悪くも、私は素敵な自分なんかじゃないし。自由気ままにやって、それでOK。

 

 自信があったから、評価されないのが苦しかったし「素敵な自分」を演じたかったんだな、って思いました。

 

 もし、もう一度Twitterを始めるとしたら、次は全く自信のないジャンルで!!「素敵な自分」を繕って演じなくてもいいようなジャンルでやってみたいです(笑)

 

 

 私も今の気持ちにはっきり自信が持てるわけではなく、結構ごちゃごちゃ整理中だったので、読みにくい記事だったかと思います。ゴメンなさい。

 「評価が気になって苦しい・・・」と思うのは、きっとどこかに自信があるからです。それってとても素晴らしいことだと思います。

 

 

 それでは!