エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

もう失敗しない!水張りの方法!!(平張り)

ひたすらケント紙の水張りばかりしていた時期・・・

 こんにちは。主かです。

 昨年頭、訳あって1日に5枚ほどひたすら水張りをしていた時期がありました。ぶっちゃけもう思い出したくありません。

 

 それまでは美術に携わっていたにも関わらず、ろくに水張りというものをしたためしがなかったので、右も左もわからない状態での初めての水張り

 っていうか私初めた当初水張りが下手すぎて、

 

 めちゃくちゃ失敗ばかりでした。(のちに理由が判明)

 

 何十枚というケント紙をゴミにし、多大なる時間を大いに無駄にしながら、Googleで「水張り 失敗 なぜ」と検索し続け、履歴を水張り関連でいっぱいにしながら私は水張りをし続けました・・・。

 そんな私、今では完璧に水張りをマスターしました(歓喜。平張りのみですがね!!!!

 

 そんな私なりの失敗しない水張りの方法を今回は共有できればな、と思っています。少しでも「水張りできない・・・」と思っている方のお役に立てれば嬉しいです。

 

準備

f:id:flatk:20180307135547j:plain

 ・パネル(F6)

 ・ハケ

 ・水入れ(普段は豆腐の入れ物を使っていますが、今回はタッパー)

 ・水張りテープ

 ・水彩紙(ホワイトワトソン B5)

 

 最低限これだけは必要です。水張り初心者の頃、お金をあまりかけたくなかった私はネットで「水張りテープはガムテープでも代用可能です」という記事を見つけ、「おっ!じゃあガムテでええわ」とガムテープでやり続けていたところ、全部失敗しました。何十枚というケント紙を墓場(ゴミ箱)に送り込んだ・・・。マジであれは闇でした。初心者の方は多少お金がかかっても、水張りテープは買った方がいいです・・・。

 

手順

f:id:flatk:20180307140401j:plain

 水入れに水を汲み、裏側にした水彩紙に水をたっぷりハケで塗っていきます。ベタベタくらいでちょうどいいです。

 個人的に、作業を行う机はツルツル、なおかつ水に濡れても構わないもので行うのが良いと思います。机もかなりベシャベシャになります。

 

 ある程度水を塗ったな、と感じたら、そこから10分待ちます。

 

f:id:flatk:20180307140541j:plain

 

 この段階で、紙が机に張り付いた状態だと思います。この10分の間に、紙がよれたり、気泡?(というか紙が部分的にふくれたり)するので、水で浸したハケを塗りながら最終的にそれをなくしていきます。

 常に紙が机に綺麗に張り付いた状態をキープできていればOKです。

 10分が終わった後に5分計ります。この辺はわりとアバウト。

 5分間上記の状態がキープされていればOKです。

 もしまだ紙に気泡が入るようなら、ハケで随時水を塗ってください。何度も言いますが、とりあえずは常に紙が机に綺麗に張り付いた状態をキープ(最低でも5分程度)できていれば大丈夫です。

 

f:id:flatk:20180307141817j:plain

 水を浸す作業と同時並行で、水張りテープを先にちぎっておきましょう。

 横2本、縦2本。水彩紙よりも少し長めにカットしておきます。

 

f:id:flatk:20180307142115j:plain

 

 べちゃっとパネルに貼り付けます。

 真ん中から外側に向かってシワがよらないように、ゆっくり伸ばします。

 

f:id:flatk:20180307142257j:plain

 

 水張りテープのツルツルの方に水をつけて、水張りテープを四方向に貼ります。ここでのコツはほとんどないですが、とにかく綺麗にシワがよらないように貼ります。(適当でもなんとかなる)

 

 数時間置いて、紙が完全に乾いたら完成です。

 

 

 これにて水張りはおしまいです!お疲れさまでした!

 慣れればパパッとできたりするのですが、私も最初はなかなかうまくできませんでした。ガムテープ使ってたのが問題だったんですけどね。

 それでは!

 

今回使ったもの