エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

初めて地方同人イベントに参加する人のための指南書(一般参加編)

 こんにちは。主かです。

 

 今回はタイトル通り【同人イベント】についての記事になります。

 同人イベントの最高峰は東京で行われますコミックマーケット(実は行ったことがない)。タイトルにしました地方同人イベントというのは、そのコミックマーケットの縮小版、小規模版みたいなものです。

 

 私は地方イベントでは一般参加とサークル参加、どちらも経験したことがあるのですが、今回は一般参加をした時のことを思い出しながら、これから地方同人イベントに一般参加するかもしれない人に向けて、記事を書きたいと思います。タイトルに指南書と書きましたが感想と情報提供に近いです。サークル参加した際の記事はまた後日書く予定です(笑)

 

 ちなみに私が参加した地方同人イベントの詳細がこちら↓

直接参加100SP↓

委託参加10SP↑↓

 (SP・・・スペース

ジャンル_オールジャンル

 ちなみに今年夏のコミックマーケットの募集サークル数が35000サークルです。

 

 どれほど私が参加したイベントが小規模なのかがわかるかと思います(笑)

 

とりあえず行ってきた!!

f:id:flatk:20180303164044j:plain

販売されているものについて

 小さな体育館のような場所でイベントは行われていました。

 「同人イベント」というのは、本来「同人誌」を販売するのがメジャーなのですが、地方の同人イベントで同人誌を販売しているブースはごくわずかです。

 

 理由は地方同人イベントに参加する人の年齢層が低いことが挙げられます。(見た感じ、中学生や高校生もたくさんいます)

 同人誌は結構値段が高いんですね。中には一冊1000円を超える本まであったりしますので、なかなか中高生では手が出しにくい・・・。結果、置いていても買ってもらえない、そのため、同人誌を販売しているブースは都会のもっと大きなイベントに出たりして、さらに田舎のイベントが衰退していく・・・(闇)

 

 そんなわけで!(どんなわけだ・・・)地方の同人イベントに置かれているものは、ラミカ、ポストカード、アクセサリー、原画!!!!あたりが大きくを占めています。

 

参加サークルについて

 上記のようなものを販売するサークルさんが多いです。なんとなくオリジナルイラストが多かったかな、という印象(私もサークル参加ではオリジナルで参加しました)

 あとはハンドメイドも意外と多い!

 ピアスやイヤリング、レジンなんかを販売している方が多かったです。女性は楽しいと思いますよ〜〜!!!

 

イベント内容について

 最初は「たかだか100スペースか〜〜」と思っていた私ですが、意外と行ってみると満足できるようなイベント内容となっていました。

 小規模なイベントなので、アットホームな雰囲気がすごいあります(笑)

 私が参加したところでは、ビンゴやちょっとしたスタンプラリーなども時間内に行われており、景品ももちろんあったりして、楽しく過ごすことができました!これぞ地方の醍醐味!!

 小さいお子さん連れの家族もいたり、「同人イベントってオタクの集まりでしょ?」感はあまりなく、気軽に足を運べるかと思います。

 

まとめ・地方同人イベントのメリット

 地方同人イベントの最大の魅力はそのアットホームさにあると思います。

 一般参加しながら思ったのですが、何よりも作家さんとの一対一のおしゃべりが一番楽しかったです(笑)

 お互い地元の人間なので、地元話にも花が咲きます(笑)

 そして、好きな作家さんにその描き方(作り方)のコツであったり、使っている画材であったりを存分に聞くことができます!!いっぱいしゃべりかけましょう!

 こんな幸せなことはないです!!(迫真)

 

 そんなわけで「同人イベントってちょっと敷居が高い・・・」と思っている方も、小さな地方の同人イベントから、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?思っていたよりハマりますよ(笑)

 

 『同人イベント 〇〇(県名)』でGoogle検索すると、割とヒットします(笑)

 ご自分にあった同人イベントにぜひ参加してみてくださいね。

 

 それでは!