エスケープすいい

日々のことを書くどこかにいる大学生のブログ

Twitter疲れしてない?私がTwitterをやめた理由

こんばんは。主かです。

突然ですがみなさんTwitterってやってますか?

私は大学一年の頃、つまり約1年前までやっていました。

1年前にTwitterを始め、約半年ほどTwitter生活をし、それからタイトルどおり、やめました。

 

今回は「Twitter疲れたかもしれない」「もうやめようかな・・・」でもなかなか踏ん切りがつかない、そんな方に私の体験をお話しします。

 

Twitterを始めた

 

f:id:flatk:20180215195659j:plain

 

Twitterには簡単には二種類あると思っています。

「リア垢」と「趣味垢」

私がやっていたのは後者、「趣味垢」の方です。

前回記事にも書いたように、私の趣味の一つはイラスト、絵を描くことでしたので、

 

「う〜〜〜ん、せっかく絵を描いたのにこの絵を誰にも公開せずにひたすらファイリングしていくのはもったいないなぁ〜〜」(無駄に自信過剰)

 

という自己顕示欲が急に頭をもたげ、「あ、Twitterやって絵をUPしよう」という発想に至ったわけです。

早速Twitterのアカウントを取得。イラストの投稿を始め、好きなイラスト描きさん(フォロワー100人前後)を何人かフォローしました。

 

ハッシュタグを駆使して、フォローフォロワーを増やしながら、絵にコメントをもらったり、いいねを押して頂けたり。

結構最初は楽しかった気がします。

 

 気にならなかったことが気になり始めた

f:id:flatk:20180215201315j:plain

 

始めに気になったのはフォロワーの数でした。

(有名な方はフォロワーの数がフォローより随分多い・・・数も何千人、何万人って・・・)

私は言ってもフォロワー40に対してフォロー20くらい。 

 

次に気になったのはいいねとリツイートの数でした。

(こんなに頑張って描いたのにいいねも10件程度・・・私の絵ってそんなに価値がないのかな・・・)

だんだんだんだん、自分に自信がなくなり、リツイートで回ってくるのは絵が上手くて、評価されている方達ばかり。

私はなんて下手なんだ・・・。

楽しく描いていたイラストたちも、急に価値がなくなって見え、自分の絵が本当に嫌いになりました。

 

好きだから描いているのか、評価されたいから描いているのか

f:id:flatk:20180215202048j:plain

完全にそこを見失いました。

 

(写実的な背景の絵はダメだ・・・受けないから。人物をデフォルメして可愛く描かなきゃ評価されない・・・)

こんなことばかり考えていました。

「いいね」が気になってイラストの投稿はろくにできなくなり、私のツイートは、「日々が大学で充実してる」投稿に変わりました。

 

「今日は友達ちゃんとカラオケ!」

「大学の課題きつい」

 

また、私はそもそも対人関係を築くのがそこまで上手ではないので、Twitter上の友達なども、数える程度にしかいませんでした。

Twitter上ですらひとりぼっちだと思われたくなかった私は、その数少ない友達をキープしようと、やたらその人を褒めたり、話を振ったり、「いいね」を押したりして頑張っていました。

 

(友達がちゃんといるよ!私!私生活もとっても充実してるの!私!)

 

ずっと目に見えない相手にアピールし続けていました。

 

自分が嫌いになった

「ただいま」と打ち込むと「おかえり」と何十人もの人に言われる人や、「いいね」をたくさんもらえる人。

そういう人を私は羨ましく感じると同時に自分と比較して、「私はなんてダメな奴なんだ・・・」と思うようになりました。

イラストは趣味で楽しんでいたはずなのに、急に価値を失ったように感じ、真面目に凹みました。

 

何も満たされず、虚しくなるだけだった

f:id:flatk:20180215204213j:plain

なぜ目に見えない相手にこんなに気を使っているのか。

なぜ大学から疲れて帰ってきたら、Twitterのタイムラインにあがった「〜〜に行って楽しかった!」「〜〜描きました!下手だけど!」という友達のつぶやきに対して「いいね」を押して「楽しそう!羨ましい!」「上手!」というコメントを残さなければならないのか。

 

私が「Twitterをやめる」ための背中を押してくれたのは、相互フォローだったお友達の一つのツイートでした。

 

『今日誕生日だった!フォロワーさんにうちの子たくさん描いてもらった嬉しい!!生きててよかった〜〜〜!!!』

(うちの子・・・自分が作った創作キャラクターのこと)

 

「誕生日おめでとう」と打とうとして、なんとなくそのままアカウントを消していました。

Twitter上でもちゃんと友達がいるアピール。もちろん現実も充実して、満足のいく人生を送っているアピール。

そんなアピールをひたすらしていた自分に半年経ってやっと気がつきました。

Twitterというツールが悪いのではない

ここまで書きましたが、私はTwitterというツールそのものが悪いとは思っていません。(だって最高に拡散力あるし!宣伝ツールにはぴったりだし!!)

多分、私とTwitterとの相性が最高に良くなかっただけだと思います(笑)

私は他者の目や世間体が極端に気になったり、評価はもちろん、異常なまでに気になってしまうタイプでしたので、結果的にはTwitterが自分を苦しめるためだけのツールとなってしまいました。

 

もしも「Twitterきついなぁ」と思っている方がいましたら、「やめる」というのも一つの手段です。

自分の好きな事を発信するツールはTwitter以外にもたくさんあります。

ブログ、Instagram、pixiv・・・などなど。

少なくとも私はやめて正解でした。Twitterを見なくなってからは、変に自分を繕ったり、自分と他者を比べ、過度に羨んだり、嫉妬したりしなくなったからです・・・!

 

 

 それでは! 

 

 

 

TwitterをやめてInstagramを始めた!その理由は・・・??

flatk.hatenablog.com